「採り入れる楽しみ」が通じるための源泉になる

老化と共に、延々と差し障りなことがでて来る。
介護やる近隣が困難のはもちろんですが
一番苦しいのは、前もって、介護を受ける己だ。

ご飯も、体の置換も
これまで出来ていたことが難しくなりますが
内情を受け入れるには、かなりのど根性がいります。

あんななか、四季の移ろいを感じるために
内部に花を飾ったり、夏なら風鈴を取り付けたりといった
介護講じる近隣がちょっとした工夫をするため
生活にメリハリがでて来る。

また、時節の会合に合わせたご飯づくりを心掛けるため
「摂る心待ち」が通じるための草分けにもなります。
とはいえ、そのままの形で食べるのは
会得力や嚥下力の関わりもあり、難しい場合もあります。

そういった場合は
「介護食用ゼラチン寒天」などを利用して
マテリアルを固めるポイントがお求めだ。
また、「生クリーム」を使う作り方もあり
喉ごしをなめらかにすることが期待できます。

因みに、私の義祖父は90歳を越えていましたが
ご飯は、ほかの身内と同じもので安穏だった結果
そのことには、いまでもサンキュー。腸内フローラを活性化するなら、オリゴ糖は外せない。